玄理の超お金持ちエピソードまとめ!実家は超豪邸で安藤忠雄の建造物!

幅広い役を演じられる演技力で注目されている女優の、玄理(ひょんり)さん。

出典:https://eiga.com/news/20150902/2/

玄理さんの実家が桁違いにお金持ちだと話題になっているようです。

そこで今回は、玄理の超お金持ちエピソードまとめ!実家は超豪邸で安藤忠雄の建造物!

という事で、そんな玄理さんの実家やお金持ちエピソードについてまとめました!

目次

玄理のお金持ちエピソードまとめ!

玄理さんがお金持ちだと噂になっているようですが、それはどうしてなのでしょうか?

そこで玄理さんがお金持ちと言われるエピソードについて調べてみました!

玄理のお金持ちエピソード① 両親ともに会社の経営者

玄理さんがお金持ちと言われている理由として真っ先にあげられるのが、彼女の両親がどちらも会社を経営している社長だという事です。

玄理さんのお父さんはパチンコ店を経営しており、現在では複数店舗を持つチェーン展開をしているようです。

その一方で玄理さんのお母さんについては、建設会社を経営しているんだとか。

家庭環境を聞いただけで、なんとなく一般の家庭とは違うのが伝わってきますよね…

両親のどちらかが社長というだけでもお金持ちな事が多いので、2人とも社長だとしたら玄理さんは相当セレブな家庭に育ったのではないかと思われますね!

玄理のお金持ちエピソード② 何度も留学している

玄理さんがお金持ちだと言われる2つ目の理由として、彼女がこれまで何度も留学をした経験がある事が挙げられます。

玄理さんは中学生時代に、イギリスのオックスフォード大学サマースクールに短期留学をしています。

中学の時に行ったイギリスのサマースクールだ。ありとあらゆる国から、いろんな人種や年齢の学生が来ていて、それぞれみんな違って、それが当たり前だった。

引用:大手小町(https://otekomachi.yomiuri.co.jp/workstyle/20220905-OKT8T347703/)

義務教育を受けている中学生の頃から海外の学校へ留学するなんて、よほど余裕のある家庭でないとできない事ですよね。

さらに玄理さんは大学生になると青山学院大学法学部に通っていましたが、その時期に韓国の延世大学に留学し語学を学び、加えて『ShinYong Wook』という演技学校にも通い演技について学んだそうなんです。

韓国に演技の留学をしていた時は大変でした。

引用:ヒカリグラフ(http://hikarigraph.com/pickup/pickup201602-1/)

語学留学をするのはよく聞きますが、それだけに留まらず海外の演技についても勉強しているところに、彼女が国際的に女優として活躍したいという意識の高さを感じますよね!

そうした海外経験によって玄理さんは日本語、英語、韓国語が話せるトライリンガルになったとの事。

そのような留学を何度もした事で得られたものは多かったようですが、気になるのはその費用ですよね。

青山学院大学は私立の大学である上、全体的に学費は高い傾向があり、平均して4年間で500万円ほど必要になります。

さらにそこに留学にかかる生活費や、韓国でも2つの学校に通っていた事から、さらにプラスアルファで相当な出費があったと予想できます。

中学生の頃と大学生になってからこのように留学を複数回しているため、玄理さんのご家族はかなりのお金持ちであると考えられます!

玄理のお金持ちエピソード③ 母親がホテルを貸し切って生活していた

調べてみると、さらに玄理さんが育った家庭がお金持ちだというエピソードが見つかりました!

前述した通り、玄理さんのお母さんは会社経営をしており、以前韓国で仕事をしていた時期があったようなんです。

その際玄理さんのお母さんは「家を探すのが面倒」という理由から、最高級ホテルの最上階をなんと3年間ものあいだ貸し切って、そこで生活をしていたんだとか!

最高級ホテルで最上階にもなると、一泊宿泊するのでも数十万円かかると思われます。

それを貸し切りにして、それが3年間という長い期間というですから驚くしかありませんね…

さらに驚愕なのが、当時アメリカ合衆国の大統領だったビル・クリントン大統領が韓国を訪問した際に、玄理さんの母親が借りている最上階の部屋に宿泊したいという希望があり、その部屋を貸してあげたというエピソードまで残っているようなんです!

国のトップである大統領が泊まりたいと思えるホテルという事ですので、おそらく韓国でもナンバーワンクラスのホテルだったと想像できますよね!

そんな部屋を個人が3年間も貸し切りにできるなんて、玄理さんの家庭がどれだけ大富豪だったかを物語っていますね…

これらいくつものエピソードから、玄理さんは相当なお金持ちの両親のもとで育ったという事がわかりますよね!

玄理の実家は安藤忠雄の建造物!

そんなお金持ちの家庭で育った玄理さんですが、彼女の実家についても話題になった事があるようなんです。

そこで彼女の実家について調べてみると、玄理さんは幼かった頃に安藤忠雄さんの設計した家に住んでいた事がわかりました!

2010年に放送されたTBS系バラエティ番組『イチハチ』の「お坊ちゃまお嬢様芸能人No.1決定戦」に玄理さんが出演しています。

そして番組内で、幼少期に住んでいた安藤さんが設計したという実家を紹介していたそうなんです。

安藤忠雄さんと言えば、表参道ヒルズや副都心線・東急東横線の渋谷駅、美術館や図書館など大規模な施設を設計している事で知られる世界的に超有名な一級建築士。

出典:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_714.html

そもそもがそういった施設などを設計する仕事をメインとしているため、個人宅を安藤さんが設計するケースというのはかなり少ないらしいんです。

そのため安藤忠雄さんが個人宅を設計した場合、雑誌などでも取り上げて紹介される事になり、玄理さんが暮らしていた自宅についても世界中から取材が殺到したそうなんです。

自分の家について、世界中から取材が来るというのはどのような感じなのか、凄すぎて想像すらつきませんよね…

そんな玄理さんの実家ですが、なんと階段がひとつも存在しておらず、その代わりすべてがスロープで登り降りできるように設計されていたんだとか。

安藤忠雄さんが設計したわけですから、一般の住宅よりもかなり広い敷地なのではないかと想像されますが、スロープを作るとなるとある程度の長さがないと傾斜が急になってしまいますので、そういった点でも相当広大な自宅だったんでしょうね!

豪邸の掃除はお手伝いさん3人+ダスキン40人で!

そのような大豪邸になると、大変になるのが掃除ですよね。

玄理さんの実家では、家事などをするお手伝いさんを3人雇っていたらしいんです。

お手伝いさんを雇うだけでも凄いのに、それが3人もだなんてびっくりしますよね…

さらに凄いのが、その3人のお手伝いさんだけでは自宅の掃除やメンテナンスなどが間に合わないため、週に2回ダスキンの従業員40人ほどが入ってハウスクリーニングしてもらっていたんだそうです!

もはや桁違いすぎて想像力が追いつかなくなってきました。笑

ダスキンのハウスクリーニングは従業員2人で週に1回入る場合でも月に数万円かかりますので、そう考えると40人体制って信じられないほどのレベルですよね…

現在その豪邸は売却してしまっている

実家が安藤忠雄さん設計の大豪邸とあれば、玄理さんは今でもその自宅に暮らしているのかと思いますよね。

ですが調べてみると、実は玄理さんの父親が1箇所に定住する事が好きではない性格だったようで、現在その豪邸は売却してしまっているんだそうです。

きっと莫大な建設費をかけて建てた自宅だと思いますが、そんな豪邸をあっさりと手放してしまえるのが大富豪という事なんでしょうね…

参考として、過去にも安藤忠雄さんが設計した個人宅が売却に出されていた事があり、その住宅は7億5千万円で販売されていたとの事です。

そのため、玄理さんが幼少期を送っていた実家もその程度、もしくはそれ以上の価格で売却されたのではないでしょうか!

まとめ

今回は玄理さんの実家やお金持ちエピソードについて調べてみました!

まとめ

  • 両親がどちらも社長で、何度も留学をしているほど玄理の家庭は超お金持ち
  • 玄理の母親は最高級ホテルの最上階を3年間も貸し切っていた!
  • 玄理が幼少期に住んでいた実家は安藤忠雄が設計した超豪邸

玄理さんもどんどん出演作品が増えてきており、今後はさらに有名になると思われます。

そしてともに経営者である両親に負けないくらい活躍する、素敵な女優になってくれるのを期待したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次