若林正恭の父はどんな人?親子エピソードに母親や兄弟など実家もまとめた!

お笑い芸人・オードリー若林正恭(わかばやし まさやす)さん。

若林正恭さんプロフィール画像
出典:https://www.oricon.co.jp/news/2296446/full/

春日俊彰さんとコンビを組むオードリーでツッコミを担当『M-1グランプリ2008』で準優勝を果たすと、現在はラジオ・テレビで多くの冠番組を持ち活躍中。最近では「オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム」で生配信を含む16万人を熱狂させた。

そんな若林正恭さんの実家やお父さん、お母さんはどんな方達なんでしょうか?

今回は若林正恭の父はどんな人?親子エピソードに母親や兄弟など実家もまとめた!

という事で、若林正恭さんの実家や両親、兄弟姉妹など家族についての情報を調べました。

若林正恭の実家はお金持ち?

まずは若林正恭さんの実家について調べてみました!

若林正恭の実家の場所や住所はどこ?

若林正恭さんの生まれは東京都中央区入船です。

区立明石小学校に通っていました。

ご実家は八丁堀駅や新富町駅の近くにあり、築地市場に近かったそうです。

若林正恭さんの実家周辺地図
出典:Googleマップ

築地市場が近かったので、新鮮な魚介を食べていた、という若林正恭さん。

地元の方の自慢話になるか…と思えば「江戸っ子」の感覚は少々違ったようです。

若林正恭さん

「明石町」の説明がめんどくさくて「築地」で通してたら、築地市場関係者に「お前は築地じゃねえだろ」と怒られたことがある。

入船は銀座まで歩いて10分少々だったので、小学生の時は自転車で意味なく銀座をグルグル走っていたそうです。

銀座は松坂屋とか三越とか松屋とか デパートがたくさんあったので、 よく行っていましたね。
種類豊富な最新のおもちゃを 試しに遊べる場所があったので、 ミニ四駆とかファミコンとか、たくさん遊びましたね。デパートの屋上に友だちと行って、 ただただ座ってしゃべったり。

引用:https://www.1101.com/tokyo/wakabayashi/2017-07-20.html

都会ですね。子供にとっては夢のような遊び場です。

と、思えば下町育ちな遊び場で走り回っていた若林少年。

隅田川沿いでもよく遊びました。ああ‥‥。なんかいろいろ思い出してきました。隅田川で凧揚げしたり、 晴海まで行って釣りをしたりしてましたね。懐かしいなあ。

引用:https://www.1101.com/tokyo/wakabayashi/2017-07-20.html

お祭りの日の神輿や縁日に気合が入っている地域だった…という入船。

いろんな顔を持つ土地柄で育った…というのが若林正恭さんの芸風にも通ずるものがありますね。

若林正恭の実家はお金持ち?

入船では祖母と同居していたそうです。

祖母が築地で「食堂・林」を経営していて、何でも買ってもらっていたそう。

東京都中央区の地価は下降傾向にあるとはいえ、地価の高いエリア。

現在の坪単価は240万円ほどですが、ピーク時の2010年には429万円という値段をつけています。

加えて、若林正恭さんの学歴は

  • 日本大学第二中学校(日本大学の附属校・系列高の中で最難関と言われる。偏差値67
  • 日本大学第二高校(内部進学)
  • 東洋大学文学部第2部国文学科

日本大学第二中学校の初年度納入金合計は1,264,700円

日本大学第二高等学校の初年度納入金は1,164,900円です。

毎年80~90万円ほどかかるみたい!


さらに、生まれ育った実家が「地上げ」に遭い、小学6年生で杉並区の久我山に引っ越した若林家。

久我山は吉祥寺や井の頭公園が近い、閑静な住宅街

こちらの地価も推定坪単価205万円ほどで、資産価値としては有望な街です。

さらに、久我山から満員電車に乗って明石小学校へ通っていたそうです。

以上の件から、若林正恭さんの実家は裕福です…と言いそうになりますが、

ご本人はそれを否定。…それどころか「極貧生活」とも言っています。

若林正恭さん

「あれ、親父が家にいるな」と違和感に気づいた

お父さんがいつも家にいるときは、食卓のおかずが減り、家にいないようになるとおかずが増える

というくりかえしに賢い若林少年は気付きます。

その理由は、お父さんが8回も会社をクビになっていたから!

クビ→再就職→クビ→再就職…のループで家計の浮き沈みが激しかったようです。

とはいえ、学校を退学することなく大学まで進学しています。

自営業の祖母からの援助。あとはお母さんのやりくりで、食費を節約されていたんでしょうね。

若林正恭の実家の両親(父・母)はどんな人?

若林正恭さんの実家のお父さん、お母さんについても調べました!

若林正恭の父親は破天荒で昭和な亭主関白オヤジ!

若林正恭さんのお父さんは、若林喬彦(たかひこ)さん。(写真あります!

若林正恭さん父
出典:https://twitter.com/JAPAN_AIR_LIES/status/1256204896572813314

昭和の若林正恭さんって感じです。さすがよく似てますね!

営業のお仕事に就いていました。

ところがサボり癖のある喬彦さん。

  • 仕事中に自宅で昼寝。駐禁をとられたことでサボりが上司にバレる
  • 毎日雀荘で徹夜で麻雀をして、毎日会社を遅刻する

などの理由で、会社をクビになるほどだったそうです。

母親の経営する食堂の隣で「喫茶・林」のマスターをしてたこともあるんだって

大の阪神タイガースファンで、地区の少年野球でコーチをしていたお父さん。

若林正恭さんも一緒に野球を始め、お父さんからマンツーマンで教わったそうです。

中学、高校とラグビー・アメフトを始たのもNFL好きなお父さんの影響だとか。

教育方針は「気合」と「根性」。

親子でお風呂に入ると

阪神の打順を1番から9番まで」言えないと出られなかったとか。

また、喧嘩に負けて帰ってくると、「もう一回行ってこい!」と追い出されたそうです。

下町育ちの喬彦さん。自身も少年野球の監督とよくケンカしました。

ケンカって…戦術とか方針…ですよね???

結局1回監督をやらせて貰ったが、チームは大敗。
またコーチに戻ったよ。

三塁コーチャーをして肩をよく外していたそうです。

「つまんない顔した大人になりたくない」と芸人を目指した若林正恭さん。

ところがなかなか結果のでない息子…

「定職に着くか、家を出て芸人を続けるか」と事実上の勘当宣言です。

お父さんは司法書士に念書の作成を依頼するほどの本気度だったようです。

その効果でしょうか。

翌年M1グランプリ準優勝という華々しい結果を残し、父子は和解します。

この時のエントリーナンバーは「4431」。

ランディ・バース選手の「44」掛布雅之選手の「31」ということに大喜びだった喬彦さん。

エントリーナンバーは申請ではないので、お父さんの勘違いなのですが、

もうこの時点で和解は見えていたかもしれません。

ラジオで「昭和の亭主関白なオヤジ」と評したように

  • 広島焼きのお店に入って、メニューにない「そば抜き」の注文をめぐってケンカ
  • 息子の運動会の玉入れの様子をビデオに撮りながら「あいつ、ダメだな」という発言を残す
  • 阪神を応援することで「勝つのが難しいことを学ぶんだ」

と、数々のエピソードを持つ破天荒な喬彦さん。

息子である若林正恭さんは「尊敬できるところはないけど好きなんだよな」と言っています。

そんな喬彦さんですが、2016年から肺ガンを患い、1年半の闘病生活の末、2017年10月に亡くなりました。

亡くなる1日前に

コンビニのソフトクリームが食べたいな…

若林正恭さん

死ぬ間際に食べたいって思うものがコンビニで手に入るっていうのは衝撃でした。

自分が積み上げてきた「ナナメからイジる」キャラが崩壊していくのを感じたそうです。

親父が死んだら、もうインスタグラムで空の写真とか載っける人も、全然いいじゃんって思うよ、本当に

引用:https://smart-flash.jp/showbiz/26917/1/1/

若林正恭さんのショックは大きく、お笑いを続ける気力がなくなるほど落ち込みました。

どんな偉い人の聞こえのいい言葉も、全然響かなくなるな、親父が死んだら。『生きてる人の言葉だな』って思うもん。『死んでねぇもんな、この人』って思うもん、どんないいこと言ってても

引用:https://smart-flash.jp/showbiz/26917/1/1/

先日、テレビ番組「あちこちオードリー」にて、安楽死について考える番組に出演した際のコメント

笑いのオチをつけずにお父さんのことを話せた「あ、イケた」と手応えを感じたそうです。

ほかには喬彦さんから困った遺言を受け取った、というエピソードも。

父親(若林正恭さんの祖父)から理不尽に暴力を受けた喬彦さんは、

「先祖代々の墓に入れてくれるな」と言ったんだそう。

入れたら「毎晩化けて出る」と念を押され、なかなか納骨が決まらない。

本人の希望を聞くため、青森県のイタコに喬彦さんを下ろしてもらったところ、

家族で話し合って決めろ

と言われたそうです。

この発想も若林正恭さんらしいですよね。

結局決まらずリビングに骨壷が鎮座しているそうですが(2020年)、解決したのでしょうか?

そして2023年はお父さんの大好きだった阪神タイガースが18年ぶりに日本一に輝きました。

以前、優勝した時は狂喜乱舞だったお父さんに対して、今回の優勝は「茫然自失」だったという若林正恭さん。

一緒に観ていた1歳半の娘さんが、優勝した瞬間、阪神タイガースのタオルを頭に被って、ぐるぐる回りだしたそうです。

それで若林正恭さんも、子ども抱えて、右手にお父さんの遺影を持って

若林正恭さん

優勝したぞ親父!

いい話です。そして阪神タイガース愛DNAがすごいですね。

どちらにしろ、ふとした時に思い出すお父さんは、これからもきっと色々な面で力になってくれることでしょう。

若林正恭の母親はコアなリトルトゥース

若林正恭さんのお母さんは、若林節子(せつこ)さん。

島根県柿木村という1つの山に1家族しかいないような秘境の地(?)の出身です。

若林正恭さんの母 出身地
出典:Googleマップ

有機農業が盛んで、日本の棚田100選に選ばれた「大井谷の棚田」、伝統行事「萬歳楽」などが有名です。

若林正恭さんも行ったことがあり、自然豊かでクワガタやカブトムシ、30㎝を超えるオニヤンマなどもいたそうです。

若林正恭さんが小学2年生の時、家族揃ってテレビ番組「3時に会いましょう」で放送された「花王」のCMに出演。

それがこちら!

若林正恭さん家族でCM
出典:https://ouchi-pan.com/wakabayashi-masayasu-family/

左端がお母さんの節子さんです。おキレイなお母さんです。

右端は食堂を経営する祖母・テルさんです。

この時の自己紹介で「母節子、三十ウン歳です」と答えています。

他にも節子さんは名(迷)言が多く、たびたびオードリーのラジオ番組で話題になっています。

知恵の輪
(小学生の時)野球の乱闘騒ぎで、4の字固めみたいな体勢になった2人を見て
「もう、知恵の輪じゃないコレェ〜」
ギターお好き?
父の葬儀で中心に飾ってあったギターが、すごくいいものらしい。
オードリーがミュージシャンと絡むたびに「お父さんのギターもらってくれないかしらね」と母に言われる。
お会計してる姿がほんとおじさんね
(息子の結婚で)両家顔合せの際、トイレから戻った若林正恭さんは「絶対にやめた方がいい」「本当にいいの?」と奥さんを説得している様子を目撃。姉に話すと「あれはお母さんなりの応援」と言われる。
正恭!噛んじゃだめ!
実家で飼っている犬のランディと息子の名前を混同。よくやるらしい。

息子のラジオ番組もかなりチェックしているヘビーリスナーであり、リトルトゥースと呼ばれるリスナーの間でも人気なお母さん。

ある時、放送内でスケボーの話になり、

若林正恭さん

実家にあるかな?久しぶりに乗ってみる?

と話していたところ、お母さんからLINEが届く。

放送終了後に開いてみると、

スケボーとっくに捨てたわよ

と入っていたそう。

もはや電波を介した、壮大なホワイトボードですね。

お父さんが亡くなってからは、お姉さんとお母さんをちょくちょく旅行に誘っているという若林正恭さん。

膨大なエピソードの量を見ても、仲の良さがわかりますね。

若林正恭の両親のエピソードも紹介!

結婚報告

お母さんの親戚の家に結婚の報告に行ったところ、

「お前みたいなやつはダメだ」

と義兄(お母さんのお姉さんの旦那さん)に言われたお父さん。

義兄を殴って母方の実家を出禁となったそうです。

エルビスの喪に服す事件

若林正恭さんが小学校高学年の頃、母の実家へ家族で帰省することになった若林家。

新岩国駅に向っていた新幹線の車内で、

エルビス・プレスリー亡くなったね

なんでそんなこと言うんだ。俺の中でプレスリーが死んだってなったら、休みとって田舎に行くような気分じゃない!

結果、お父さんは名古屋で新幹線を降り、東京へ引き返してしまったそうです。

ふたりのゴール

そんなはじまり方をしたお二人ですが、

ある日病室で、手を取り合っている母と父の姿を目撃した若林正恭さん。

後で、お母さんから(お父さんが)

結婚してよかった、ここまで2人で頑張ったねっていう握手を急にしてきたのよ

と聞いたそうです。

お父さんからも「結婚しないのか?」と聞かれたという若林正恭さん。

『お前は結婚しないのか。結婚っていいよ、やっぱり』ってすごい言うようになったんですよ。
こんなシャイな親父がこんだけ熱量をこめて言ってくるんだったら、本当そうなんだろうなって。
思ったことなかったですけど、『親父が言うならした方がいいんだ』とか思っちゃいましたね

引用:https://news.mynavi.jp/article/20200502-1028575/

これは今までなかった「結婚」という選択を考えたきっかけになったそうです。

切ないですが、素敵なお話ですね。

家族旅行で大ゲンカ

お父さんが亡くなる数年前、20年ぶりぐらいで家族旅行に行ったという若林家。

お正月に若林正恭さんの運転で箱根へと向かいました。

宿泊する旅館で「お酒を飲もう」ということになったお父さんと若林正恭さん。

おつまみとして「柿ピーをくれ」というお父さんに、お母さんが渡したのは「チョコ柿ピー」

これにお父さんがブチギレて夫婦大げんかとなったそうです。

お母さん、何もブレず自分の好きなチョイスにしたんでしょうね。

その気持ちわかる気もします。

若林家のひとびと

全員プライドが高いという若林家。

トーク番組出演時に自宅で発見された「花王のCM」VTRも

「いやだ」と反対する家族を、若林正恭さんが勝手に出したんだそうですよ。

トークの奪い合いをするくせに、いじられるの苦手なのでテレビ出演はこれから先もほぼないだろう、とのこと。

なんだかもったいない気もしますね。

若林正恭の兄弟姉妹も調査!

若林正恭さんに兄弟や姉妹がいるかどうかも調査しました!

若林さんにはお姉さんが一人います。

若林正恭の兄弟は姉!!

若林正恭さんには2つ上にお姉さんがおられます。

前述の家族旅行で食べたとろろそばで、夜じんましんが出て大騒ぎになったお姉さん。

山芋のアレルギーをお持ちのようです。

お姉さんはお父さんから「阪神タイガース」愛の教育として

書道で阪神の選手の名前を書かされる という形で受けていたそうです。

若林史恵さん(※読み方不明)です

恋人と間違われて、週刊誌に写真が掲載される羽目になったことがあるほど仲良しです。

マッサージ師をしているそうで、弟の若林正恭さんが実験台になることもあるのだとか。

下の画像が唯一のお姉さんの露出です! ※お顔は隠れていますが

若林正恭さん、お姉さんとW杯観戦
出典;https://www.instagram.com/p/B4IXXEInjgM/?igsh=MWszazl1NWV2a2w5bw%3D%3D&img_index=2

2014年のラジオでは「37歳独身」と紹介されていたお姉さん。

上の画像では男性と写っていますが、どうでしょう。

お顔の公表はされていませんが、よくバレてしまうそうなので、お顔もなんとなく似ているのかもしれません。

若林正恭さんの奥様とも仲が良く、お母さんと三人で出かけたりすることもあるそうです。

ただ、「オードリー若林の姉」と認知されるのは嫌いな様子。

弟の手前、良い人でなければいけないんじゃないか…と気をつかうのも、何か面白いことを言って「さすがオードリーの姉」と言われるのも嫌だとか。

芸能人の兄弟も大変なんですね…。

一方で、地元のグループでは「超面白い」と言われ、「姉ドリー」とも言われているというお姉さん。

ですが、若林正恭さんは「自分で思っているより面白くないよ」といつか言ってあげたいと思っているそう。

また、トランプや花札などのカードゲームに負けると、家族分のアイスを買いに行く というルールがあった若林家。

お姉さんが負けた場合に限り、家族総出でアイスを買いに行ったそうです。

夜遅い買い出しで、娘を危険に晒せない!…という親心でしょうが、

納得いかない若林正恭さんは、しょっちゅうそのことでお姉さんと喧嘩していたそうです。

年の近い姉弟の微妙な距離感がよく伝わります。

結局仲が良いってことでしょうけどね。

余談です

若林さんのお姉さん…ではないでしょうか?…というくらいなのですが…

若林正恭さん姉? 若林史恵さん
出典:https://www.selfcare-pharmacy.com/about-us

若林史恵(わかばやし ちかえ)さん

  • 東京都生まれ
  • 鍼灸師
  • cohaku鍼灸治療室 代表

女性の美と健康を目指すエステティックヒーリングを学んで、ご自身の子宮の不調を克服

銀座で開業されているそうです。

んん~…似てませんかね??似てるだけでしょうか…要追跡調査です!

まとめ

今回は若林正恭の父はどんな人?親子エピソードに母親や兄弟など実家もまとめた!

という事で、若林正恭さんの実家や両親(父・母)、兄弟姉妹など家族についての記事をお届けしました。

  • 若林正恭さんのご実家は、浮き沈みの激しい家計だった。
  • 若林正恭さんのお父さんは昭和の亭主関白。子煩悩でアツい一面も。
  • 若林正恭さんのお母さんはリトルトゥース。天然で憎めない性分。
  • 若林正恭さんのお姉さんはマッサージ師。姉ドリーとイジられることも。

★各見出しから要点を挙げて、箇条書きでまとめを書いてください。まとめにも主語(◯◯さんの父親~、〇〇さんの実家~)を忘れない様にして下さい。

以上の内容がわかりました。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次