近藤健介の実家の父親や母親はどんな人?兄弟姉妹はいる?家族まとめ!

福岡ソフトバンクホークスの外野手の近藤健介(こんどう・けんすけ)さん。

近藤健介トップ画像
出典:Yahooニュースより

2023年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表「侍ジャパン」として全試合に先発出場し、全7試合での出塁率が5割超え、韓国戦で本塁打を放つなど大活躍をしていました。

そんな近藤健介さんの実家やお父さん、お母さんはどんな方達なんでしょうか?

今回は近藤健介の実家の父親や母親はどんな人?兄弟姉妹はいる?家族まとめ!

という事で、近藤健介さんの実家や両親、兄弟姉妹など家族についての情報を調べました。

近藤健介の実家はお金持ち?

まずは近藤健介さんの実家について調べてみました!

近藤健介の実家の場所は千葉県千葉市緑区

近藤健介さんの実家は、千葉県千葉市緑区のニュータウン・おゆみ野です。

近藤健介_泉谷小学校周辺マップ
出典:Googleマップより

この一帯の最寄り駅は、京成千原線のおゆみ野駅となっています。

京成千葉線の京成津田沼駅まで直通運転されているため、距離はありますが都心までのアクセスは比較的良さそうな地域のようです。

この地域には「千葉おゆみ野近藤健介ファン友の会」という後援会があります。

この後援会の入会案内では近藤健介さんを郷土の星と紹介、出身校は泉谷小学校となっていました。

つまり近藤健介さんの実家は、この小学校の学区内であるということになります。

余談となりますが、2022年1月には東京オリンピックの野球日本代表の金メダル獲得に貢献したという功績から泉谷郵便局に金色のポストが設置されています。

近藤健介の東京オリンピックの功績を称えた金色ポスト@泉谷郵便局
出典:千葉おゆみ野近藤健介ファン友の会より

地域を挙げて、近藤健介さんを応援していることがわかりますね。

近藤健介の実家はお金持ち?

近藤健介さんの実家は、お金持ちの可能性が高いと思われます。

そのように考えられる理由が以下の3つ。

お金持ちの可能性が高い理由
  • 父親が大学院修了の教員
  • 近藤健介の兄(長男)が海外留学
  • 近藤健介は中学・高校と私立に通っていた

父親が大学院修了の教員

近藤健介さんの父親・義男さんは千葉大学大学院を修了後、千葉市立中学校の教員となられています。

法律により残業代が出ない教員の給与が高いか安いかという問題がありますが、大学院修了の教員であるという点において、ある程度の安定した収入があるということは見込めると思われます。

教員以外にも野球の指導者として様々な役職を歴任されてきたようですが、詳しくは後ほど紹介します。

近藤健介の兄(長男)が海外留学

近藤健介さんの7歳年上の兄は、父親・義男さんの勧めでアメリカの高校に進学し、大学時代も一時期留学していたことがあったそうです。

アメリカの高校留学費用が授業料・食費・滞在費を含めて200~600万円と言われているので、高校留学だけで600~1800万円くらいという計算になります。

近藤健介は中学・高校と私立に通っていた

近藤健介さんの出身中学は修徳中学校、出身高等は横浜高校で、いずれも野球の名門私立校です。

修徳中学校の入学金・授業料・施設設備費の合計が73万円(うち入学金25万円)、横浜高校の合計が84.4万円(うち入学金12万円)となっています。

この金額を全額納付した場合、中高の6年間で約400万円という計算になります。これに加えて、野球部の遠征費や道具・ユニフォームなども必要になってくるので、さらに多く必要となることが分かります。

上記の情報を総合すると、近藤健介さんの実家は少なくとも裕福なご家庭と考えて間違いないでしょう。

この3つの理由を見ただけでも、子どもたちに最高の環境を用意するために金銭的な面以外でも様々が苦労があったことが想像できそうですね。

近藤健介の実家の両親はどんな人?

近藤健介さんの実家のお父さん、お母さんについても調べました!

近藤健介の父親は近藤義男

近藤健介さんの父親の名前は、近藤義男(こんどう・よしお)さん。

東京学芸大学出身の元教師です。

近藤健介の父・近藤義男
出典:学校応援マガジン「Yell」より

近藤義男さんの簡単なプロフィールや経歴はこちらです。

近藤健介の父・近藤義男のプロフィール・経歴
  • 1960年生まれ(2024年で64歳)
  • 東京学芸大学卒業
  • 千葉大学大学院修了
  • 千葉市公立中学校教諭
  • 千葉市立大宮台小学校校長
  • 日本中体連野球競技部部長
  • 日本中学生野球連盟専務理事
  • U15侍ジャパン軟式編成委員長
  • 海外の日本人学校に勤務

教員と野球の指導者を目指したのは両親、特に父親の影響が大きかったようです。

幼い頃、父親に野球部の練習に連れられて行って見た光景が楽しそうで、教員になり野球部の顧問になりたいと思うようになったそうです。

近藤健介の母親は近藤昌子

近藤健介さんの母親の名前は、近藤昌子(こんどう・まさこ)さん。

夫である近藤義男さんと同じく、東京学芸大学出身の元教師です。

近藤健介さんが高校生だった頃に毎日送迎をしていたという理由から、結婚もしくは長男の出産などを機に退職し、専業主婦になったものと思われます。

子どもがやりたい事を存分に出来るためのサポートは惜しまない、教育熱心な母親であることが想像できますね。

近藤健介さんへの様々なサポートについては、次で詳しく紹介します。

近藤健介の両親のエピソードも紹介!

近藤健介さんと両親にまつわるエピソードについて調べました!

子どもたちの夢をかなえる環境を整える

近藤義男さんの子どもたちへの教育方針は、教師として野球部の顧問として生徒を指導していく中で確立されていったようです。

近藤義男

夢がかなう環境つくりを大事に


この考えは、自身が教員と野球の指導者を目指すようになったのは環境があったからというのが根底にあると学校応援マガジン「Yell」のインタビューで語っています。

そうして、英語の教師になりたいという長男には海外留学という環境を、次男である近藤健介さんには野球の名門校に進学、練習に専念できる環境を与えたのだそうです。

横浜高校に進学する際に父が猛反対!

進路を決める時期になり、近藤健介さんは志望校を近藤義男さんに伝えます。

近藤健介(中学生)

横浜高校に行きたい

これに近藤義男さんは、猛反対をします。

というのも、日本中学生野球連盟専務理事として客観的に見た場合、中学まで軟式野球の経験しか無いような選手が簡単に通用する所ではないと感じていたからでした。

しかし、一度決めたら絶対に諦めないという近藤健介さんの性格を知っていたため、本人の決断を尊重します。

近藤義男

3年生になった時にベンチに入れればいいな

このように思っていた近藤義男さんでしたが、近藤健介さんは横浜高校に入学してから1カ月少々でショートのレギュラーとなっています。

このレギュラー定着に至るまで、そして高3で春夏連続で甲子園にキャッチャーとして甲子園に出場する時までも、近藤義男さんは近藤健介さんが歯を食いしばっている姿を見たことが無かったそうです。

近藤義男さんの前ではいつもニコニコしている印象しかなかった近藤健介さんが、父親の見えないところで必死に努力していたことを知ったのは、高校を卒業する時でした。

当時の横浜高校の監督だった渡辺元智さんからは「こんなに練習する選手は見たことない」、日本ハムのスカウトからは「これほど準備して入団してきた選手はいない」と言われたそうです。

近藤健介さんが志望校を近藤義男さんに伝えた時は横浜高校への進学を猛反対をしていましたが、「野球が好きで、上手くなりたくて、楽しんで練習をしていた」ということを父親・教師・野球指導者と3つの立場から近藤義男さんが一番感じていたのかもしれません。

スポーツ施設「KCおゆみ野」を経営

2016年12月、KC練習広場おゆみ野というスポーツ施設が落成を迎えています。

この施設は、近藤健介さんが地域の子どもたちのためにと建設した施設で、人工芝のグランドやブルペンなどがあります。

また、野球だけでなくフットサルコートも併設しているそうです。

近藤健介が建設したKCおゆみ野の周辺マップ
出典:Googleマップより

近藤健介さんが建設となっていますが、施設管理者として名前は出てきていませんが実質的な管理は父親である近藤義男さんがメインで行っているようです。

近藤義男さんとしては、息子のやりたいことを応援するとともに、野球部顧問であったことから子どもたちへの野球の普及という2つの側面があるのではないでしょうか。

千葉おゆみ野近藤健介ファン友の会へ顔出し

近藤義男さんは、千葉おゆみ野近藤健介ファン友の会の5周年記念の集いに記念講演の講演者として出席をしています。

近藤健介父・義男の友の会での講演
出典:千葉おゆみ野近藤健介ファン友の会より

詳しい講演内容までは分かりませんでしたが、タイトルから察するに近藤健介さんの幼少期、野球を極めるにあたりどのような選択をしたのかといった事が語られたのではないでしょうか。

横浜高校時代は毎日、母親が送迎

近藤健介さんが横浜高校時代、母親が片道1時間半近くをかけて毎日送迎をしていたという有名なエピソードがあります。

本来であれば寮に入寮するのですが、満室で入寮できなかったために自宅から通うことになったそうです。

公共交通機関を使っての通学ではなかったのは、近藤健介さんが野球に専念して欲しいという思いからでした。

プロ入り後も母親が自主トレに同行、食事管理

近藤健介さんがプロ入りしてからも、自主トレに同行して食事を作っていたそうです。

プロスポーツ選手ともなると特に食事の管理が必要になるので、チームの管理栄養士がいない自主トレでのサポートは心強かったのではないでしょうか。

近藤健介(幼少期)と父親・近藤義男
出典:学校応援マガジン「Yell」より

近藤健介さんの人生において、両親のサポートが途轍もなく大きいということが分かるエピソードばかりですね。

近藤健介の兄弟姉妹も調査!

近藤健介さんに兄弟や姉妹がいるかどうかも調査しました!

近藤健介の兄弟は兄!!

近藤健介さんには兄が1人おられます。

年齢は近藤健介さんの7歳上(2024年で38歳)名前は公表されていません。

職業は、中2からの夢であった英語の教師をされているそうです。

先にも少し触れましたが、英語の教師が夢となってからは両親のサポートもあり、アメリカの高校に進学し、大学でも一時期留学という経験をされています。

子どもの頃は、父親の近藤義男さん・弟である近藤健介さんと3人でよくキャッチボールをしていたそうで、とても仲が良いことが伺えますね。

中2からの夢を叶えて、英語の教師をされている近藤健介さんの兄ですが、留学経験を生かした授業をされているのでしょう。

まとめ

今回は近藤健介の実家の父親や母親はどんな人?兄弟姉妹はいる?家族まとめ!

という事で、近藤健介さんの実家や両親、兄など家族についての記事をお届けしました。

  • 近藤健介さんの実家は千葉県千葉市緑区のニュータウン・おゆみ野
  • 近藤健介さんの実家はお金持ちの可能性が高い
  • 近藤健介さんの父親は元教師の近藤義男さん、母親は同じく元教師の近藤昌子さん
  • 近藤健介さんの兄弟は、7歳年上で英語の教師をしている兄が1人

以上の内容がわかりました。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次